英語で金額がすぐに出てこない!


こんにちは、ALPHA英会話スクールのブログです。

さてみなさん、普段会話の中でかなりの頻度で金額が出てくるかと思います。

その際に「13万円って英語でなんて言うの?」なんてことがあったと思います。

間違えた金額だと勘違いされてしまいます。金額は日常会話だけでなくビジネスでも間違えてはいけない大切な情報だと思います。今回は金額を簡単に言えるようにちょっとしたルールを覚えてみてください。


まず金額(数字)の基本となるのが「、」コンマとなります。


日本: 4桁で単位を区切ります

英語: 3桁で単位を区切ります


これが金額など数字がすぐに出ない大きな理由の一つでもあります。


そこで英語の「、」コンマをまず覚えてしまいましょう。




最初のコンマは Thousand

2つ目のコンマは Million

3つ目のコンマは Billion

行こうは TrillionなどありますがまずはBillionまでにしましょう。

|xxx|,|xxx|,|xxx|


次に3桁で区切られたコンマとコンマの間を読みコンマが来たらそれを読むだけです。

なので百の位は必ず読めるようになる必要があります。


358 Three hundred fifty-eight


2,358 Two thousand three hundred fifty-eight

さらに大きな桁だと

21,342,358

Twenty one million three hundred forty-two thousand three hundred fifty-eight


そしてこれを身に着けてから次は金額となります。

頻度からいうと「X万円」が一番多いと思います。


98,850円

こちら下の答えを見る前にご自分でトライしてみてください!

答え: Ninety eight thousand eight hundred fifty yen


後は同じ法則のリピートでコンマをはさんで3桁を読んでいくだけです。

ただ残念なことにこれを知ったことですぐに数字が言えるようにはならないので。

先ほどの日本は「万」で英語は「千」で数字を読んでいくのでたくさん使って慣れるしかないんです。私自身読み方は知っていたものの慣れるまでに時間はかかりました。


ここからはちょっと上級者の数字の読み方になります。

アメリカでは様々な読み方が存在します。

特に百万単位になると例えば:


●小数点を使う言い方

1,500,000 これを実は

1.5 million と読みます。最初はぱっとこないと思いますがビジネスシーンではよく使われます。さらに時には 1.5 mill と省略する方もいました。


●千の位を省略しちゃいます

1,200円 通常であれば One thousand two hundred yen ですが

Twelve hundred yen

これは年を読むときと同じです。


●スラングも存在します

Grand グランド これは「千」を表す言葉です。よって:

2,000 Two grand


以上となりますが数字は会話では必要不可欠なので是非練習して間違いの無いようにがんばってみてくださいね。数字に関してご質問等ございましたら是非お待ちしております!



閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示