身近で誰かに不幸が会った時なんて言う?


身近で誰かに不幸が会った時、日本語でも難しいとは思いますがいったい英語だとなんて言うのでしょう。 こちら会話やSNSのメッセージでも利用できるので是非覚えて使ってみてください。

基本となるフレーズは【I'm (so) sorry】です。誤っているようで不思議なのですが日本語でいう「お悔やみ申し上げます」「ご愁傷様です」など不幸のあった方に対して使います。


●「I'm so sorry」単体だと不幸のあった方に対して使います。


例: 

A: My girlfriend left me 「彼女にフラれました」

B: I'm so sorry 「それはお気の毒に」

A: Thanks 「ありがとう」


● 不幸でも身近で誰か亡くなってしまった場合は:


「I'm so sorry for your loss」

「I'm so sorry about your grandfather」


● SNSなどのメッセージの場合よく使われるのは:


「My deepest condolences」


● そして不幸があり後日「大丈夫?」と声をかける場合は:


「How are you holding up?」 


こちら皆様には使うことの無いことを祈っておりますが人生なにがあるかわかりません。もしもあった場合には是非声をかけてあげてみてください。

閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示